テンスタジオ
ENTER
<良いお見合い写真とは>

「お見合い」というステージでは、社会生活に関する諸条件や経歴が明示され、その人となりはお会いしてからという事ですが、ヴィジュアル社会といわれる現代では特に、出会いのきっかけとなる「見合写真」の役割が非常に重要なものになっております。実際のご歓談であればお互いのパーソナリティーやメンタリティーが勝負と言えますが、写真は静止していますので、まじまじと、また何度も、色々な人たちに眺められる事になります。そしてここをクリアしなければ次に進めないという状況が出てきます。男女ともにこのことは言えると思います。

 写真館はどこでも「お見合い写真」を撮影するコースがあるはずです。かなり高額な撮影料を請求する有名写真館もありますが、お金をかければ良い見合い写真が撮れるかと言えば、必ずしもそうではないのです。何故でしょうか。それは十年一日になりがちな写真館は、時代の流れから取り残されているケースが多いからです。

 このことには、見合いという制度そのものの変貌が背景にあります。ことに現代の都会では、インティマシーを持った月下氷人(仲人)がお二人の間に立つケースは減少しつつあり、義理と人情のしがらみから自由な結婚情報産業を利用する人々が増えて来たのです。「見合い」から「マッチング」へ、多数のプロフィールの中からより良いパートナーを選ぶ感覚は、「出会い」のきっかけを提供する産業の定着と共に、一般的になりつつあると言えます。

 長年人物写真を撮影し、多くの「見合写真」を撮影してきた経験から言うと、被写体の良し悪しにかかわらず、多くの人に好まれ、評判の良い「見合い写真」が確かに存在します。しかし、それもずいぶん昔とは様変わりしてきたというのが、素直な感想です。つまり「一般に好まれるお見合い写真」にも時代の流れというものがあるのです。当スタジオはもともとコマーシャルを手がけていましたので、そういった時代の変化に敏感に対応する事ができた訳ですが、次に、お見合い写真の変遷をたどってみましょう。概ね、次のようなものです。

<旧世代の見合写真>

旧タイプを第一世代とすれば、それはいわゆる写真館の写真。重厚な背景、装飾的な家具、多少気取ったポーズ、無表情あるいはお澄ましスマイル。いわゆる写真館の記念写真です。こういった写真が見合い写真として無難であった時代が、かつて存在しました。勿論、今でも、台紙に入った「お写真」が相手方に届き、両親だけでなく何世代かに渡って吟味される場合、そして、旧世代の意見が尊重される環境にある場合のみ、この旧世代の見合い写真も出る幕があると言えるかも知れません。
 しかし、このタイプの見合い写真はもう古いのです。人間的な魅力に乏しく、積極的にお会いしたいという気持ちにもならない。親しみがわかない不自然なステレオタイプ(杓子定規)の型写真だからです。個人の個性や主体性が求められ、しかもヴィジュアルが重視される現代では、もっと自分自身を積極的にプレゼンする必要があります。

<新世代の見合写真>

ここに第二世代の見合い写真が登場しました。これについては当スタジオの系列スタジオである「スタジオ☆ディーバ」が、わが国の見合い写真の進化に先鞭をつけてきました。明るく活動的なライティングと単色の背景、自然な表情でポジティブな笑顔。あるいは、タレントの撮影で培った技術による、個性を引き出しつつ、自然で、しかも華やかなスナップ写真。良い「見合い写真」はまず良いポートレートであって、表情も、シチュエーションを含めた雰囲気も、生き生きと明るく見えるものです。ほとんどの方が経歴書には「明るく楽しい家庭を築きたい」と書かれますが、暗く怖い写真が付いていたら台無しです。

百聞は一見に如かずといいますが、一枚の写真は百の文章よりも雄弁です。そして、これはルポルタージュではなくコマーシャルだと割り切って下さい。実際は暗く後ろ向きの方でも、そんな写真でプレゼンしてはいけません。その人であることが判れば良いだろう、などと思っているとしたら、とんでも無い間違いです。今は学生たちも就職において、撮影スタジオで気合の入った履歴書写真を撮影する時代です。まして結婚となれば一生の大事ですから偶然の幸運を当てにするのではなく、写真にも気を使っていただきたいのです。

 勿論、「テンスタジオ」も「千駄木スタジオ」もこのお見合い写真のエッセンスを受け継ぎ、現在では当スタジオが、このCM風の「新世代の見合い写真」の正統な継承者となっております。千駄木スタジオはやや格調高いポートレート風になります。

 ここではプロのヘアメイクが撮影に常に立会い、その方の個性を尊重しつつも、美しく演出していきます。現在、多くの見合い写真がこの傾向に倣うようになり、私たちが作り上げた「新世代の見合い写真」に追随しようとする写真スタジオが多く出てきました。ただ、形ばかりまねて見ても本当に良いものはできません。私たちはお客様の個性を生かし、過度のデジタル修正を避け、社会的な要請や出る幕に応じて撮影していきます。ですから例えば男性の場合は、この方の場合はより誠実さとか、安定感だとかを表現しようとか、この方の場合は生活力とかバイタリティー、そういったものをアピールした方が女性の支持を受けるだろうとか、お客様とのコミュニケーションの中で考え、その部分を引き出すようにヘアメイクをし、撮影します。ですから場合によっては、男性ならば敢えて「旧世代」の写真のテイストを入れて撮影したり、女性ならば、次に述べる「ニューウエーブの見合い写真」に近づく事もあるのです。引き出しを多く持っているからこそ、臨機応変に対応できるのです。

 ただでさえ、ヴィジュアル重視の風潮ですが、パソコンが普及した現代では、11枚、台紙に入った経歴書の写真をじっくり見るのではなく、多くの経歴書を短時間で見比べるシステムが普及してきました。そうなると、よりインパクトがあり、華のある写真でないとアピールしにくいのです。

<ニューウエーブの「見合写真」>

さらに、現代では携帯電話が普及しており、携帯電話の画面でデータや画像のやり取りをする結婚情報産業も増えてきました。そうすると、これは完全に本人同士のやり取りとなりますので、両親や祖父母が相手の画像等を見てダメ出しをする事がもはやありません。あくまでも核家族化の延長としての個人主義的自由主義にのっとった本人本位の選択となります。ここで私はその良し悪しを言っているのではありません。事実として、現象として流れがそうなっていると申し上げているのです。
そうなると携帯電話では画面が小さいので、使用する写真は殆ど顔のアップ、画像精度が悪いのでメイクは異常にケバく、表情もよりわかりやすいもの。
ヘアスタイルは流行のもので、肩や手を画面に入れて甘えのポーズでアピール。修正はしまくりで骨格も別人です。女性の写真は、まるでキャバクラ用の写真です。実際このような見合い写真も少なくないのです。これを私は「ニューウエーブの見合い写真」と呼んでおります。これはまだ世代と呼べるほど主流ではありませんし、当スタジオでは見合い写真には一定の品格が必要であると考えており、あまりお勧めしておりません。しかし、ケースによっては女性をそのように撮影するのに吝かではありません。というのは、実はテンスタジオの殆どのカメラマンは、コマーシャルの傍ら、雑誌のグラビアでアイドルやタレントを撮影していましたので、そういうテイストの写真は得意中の得意なのです。ただしこの場合でも、私達はその人らしさを大切に、修正は最小に止めたいと思っておりますし、結婚を前提とした出会いのための写真では、健康的で明るく清潔というイメージを逸脱してしまうような過度のセクシーさは慎むべきだと考えております。


<結論、どのスタジオで撮影すべきか>

以上からお分かりだと思いますが、良い「見合い写真」とは「新世代」以降の写真であって、しかも顧客の立場に立ち、出る幕を弁えた上で、多くのシチュエーションに対する引き出しを豊富にもったスタジオに、楽しいコミュニケーションの過程で撮影して貰う写真である、と結論付けられるでしょう。そして、その要素を全てあわせ持ったスタジオこそ「テンスタジオ」と「千駄木スタジオ」に他ならないのだと、私たちは自負しております。


           文責:ディーバユニゾン社 代表取締役 

                         Photographer:山口直也

テンスタジオ ENTER